トピックス

2021 09.24

はじめてのホームページ制作!相場ってナンボ?

ホームページ制作を請け負う業者はいわゆる”WEB制作屋”だけでなく、広告代理店、マーケティング会社、デザイン会社、フリーランスと様々な業種に存在します。各業者によってホームページ制作への関与度合いや事業モデルが異なるため、正直なところ制作費は往々にして異なります。
例えば、パッケージデザインをメインとしている企業が印刷物の発注と抱き合わせでホームペ
ージ制作を行う場合、ホームページ制作の価格を値引きするということもあり得ます。また、業者によっては月額支払いタイプも存在するため、単純に初期費用だけでは比較しづらい側面もあります。
とはいえ、ホームページ制作にも基本的な価格設定の考え方があります。そこで今回は、ホームページの種類ごとのざっくりとした価格、相場の違いや、ページごとの価格設定、計算方法の裏側をご紹介します。

※以下に記載する価格はあくまでも業界の相場であり、弊社の相場、単価ではありません。

 

1.ホームページの相場をざっくりご紹介

■ホームページの制作方法による相場の違い
「ホームページをどのように作るか」これによって相場は大きく分かれます。種類は主に次の二つです。


・フルオーダーメイドで作成する

 →50万~150万円

・テンプレートを使用する

 →5万~50万円


フルオーダーメイドで作成する場合はデザインにかける時間と進行や素材を取りまとめる作業工数がその分多くなります。
凝った動画を採用したい場合は動画制作費もかかりますので、100万~200万円程度になります。
テンプレートの場合はある程度決まった型を元に作成するため、その分の作業工数が値引きされているイメージを持ってもらうと分かりやすいかと思います。

 

■目的、用途ごとの相場
ホームページを依頼する上で、その目的や用途は料金に深くかかわってきます。
よくある目的、用途ごとの相場はおおよそ次の通りです。

 

 

 

2.費用ってどうやって計算してるの?

 

見積りでは主に次の4つの観点からそれぞれの価格を算出し、足し合わせて計算します。

 

・ページ数
・作業にかかる工数
・仕入れ
・オプション料金

 

それぞれがどういった内容か見ていきます。

 

■ページ数
システムを含まない一般的なホームページの場合、「1ページ当たりの単価 × ページ数」で制作費を考えることが多いです。

 

例)ページ単価2万円で合計10ページのサイトを作る場合

  1ページ(2万円)× 10ページ = 20万円

 

ただし、TOPページはサイト全体の規律を決めるページとなるため単価が1.5倍~2倍程度高くなると考えておいていいでしょう。また、1ページ当たりの単価にも業者によって下記のような考え方の違いがあります。

 

・1ページ単価 = コーディング費 + デザイン費
・1ページ単価 = デザイン費(コーディング費は別)

 

この考え方の違いにより見積りの細目やページ単価の値段は変わってきます。

 

■作業にかかる工数
1人が1日(8時間)作業した場合の費用(1人日という)を基にホームページ制作に全体かかる費用を算出します。

 

例)1人日4万円で納品までのうち10日間分作業する場合

  1人日(4万円)× 10日 = 40万円

 

システム開発業者がエンジニアの工数計算に使用することが多いですが、ホームページ制作においても「ディレクション費」や「その他作業費」として費用計算の一部分に採用されることがあります。システム開発が必要になるホームページの場合はシステムが関与する部分のみこの計算方法で作業費を算出したりします。

 

■仕入れ
読んで字の如くですが、購入画像を使用するのであればその購入費、撮影にモデルを使用するのであればその外注費等が加算されます。

 

■オプション費、その他費用
前項と重なる部分もありますが、ホームページ内のシステム導入や、計測ツール導入といった様々なオプションに対する費用が別途発生します。
また、他にも新規ホームページ制作では必ず考えなければならないサーバー・ドメインの費用もあり、これらの費用もそれぞれ算出します。
オプション費、その他費用には例として下記のようなものがあります。

 

・CMS(ホームページの内容を管理画面で更新できる機能)
・メールフォーム
・動画作成
・ロゴ制作
・MAツール導入
・コンサルティング
・サーバー、ドメイン初期費用
・サーバー移転
・ドメイン移管

 

 

主に以上の4項目

■ページ数
■作業にかかる工数
■仕入れ
■オプション料金

を合計し制作費用は計算されます。

 

 

3.制作費用を構成する各項目の単価について

費用の計算方法が分かったところで、それぞれの単価を見ていきましょう。

 

■ページ当たりの単価

・TOPページ
ホームページに来た人が最初に見る「顔となるページ」です。サイト全体の規律を決めるページであるため下層ページよりも単価が高くなります。

 制作費:5万~25万

 

・下層ページ
TOPページ以外のページです。色合いやデザインのルールが決まっているためTOPページよりも安価になります。

 制作費:1万~5万

 

・簡易下層ページ
プライバシーポリシーやテキスト情報だけのお問い合わせページのようなページになります。
全体が文章のみで構成された、デザイン性を求められないページのため、下層ページよりも安価になります。
ただし、場合よっては下層ページと簡易下層ページを分けて考えないこともあります。

 制作費:5千~2万円

 

■ディレクション費

・ディレクション
ホームページ制作にかかるベースとなる費用です。要件定義から納品までの作業費になります。
業者によって業者によって考えか方が異なるため、振れ幅は大きいです。おおよそ20万円前後が相場と考えていただいて結構です。

 費用:1万~50万円

 

■その他費用

・購入画像:500~1万円
・動画制作:5万~100万
・CMS(更新システム):1万円~
・メールフォーム:1万~5万円
・ロゴ制作:1万~15万円
・MAツール導入:1万円~(別途月額の場合あり)
・コンサルティング:1万円~(基本的に別途月額)
・サーバー、ドメイン初期費用:1万円~(初年度分)
・サーバー移転:1万~20万円
・ドメイン移管:5000円~2万円

 

よくある単価は上記の通りですが、値幅は広く、業者によって値段も質も変わってきます。
あくまでもホームページ制作費用の相場を把握するためのものであることをご了承ください。

 

 

おしまいに

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ひとくちにホームページと言えど、ご要望は十人十色。ホームページの制作費は内容次第で大きく変わります。
そんな時、費用の計算方法と単価が分かればある程度の相場が把握しやすくなりますね。

 

<OKデザインにお問い合わせください>

ホームページ制作は初期費用だけでなく納品後の保守費用等ランニングコストがかかります。
制作費のみで比較せず、サポートの手厚さなど、全体を俯瞰した比較が必要になります。
ホームページのことでお困りの方はぜひ一度OKデザインにご連絡ください。
ご相談は無料です!弊社スタッフが親切・丁寧に対応いたします。

 

無料お見積り相談はこちらから

お問い合わせ

ホームページに関するご質問・ご相談・お問い合わせは、
お電話・メールにて承っております。

TEL : 06-6809-4190

受付時間 月~金曜日 9:30 ~ 18:00

ホームページの制作・更新・管理などホームページに関するご相談、
お見積のご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード

ホームページ制作・運営・活用に関するお役立ち資料は、
こちらからダウンロードいただけます。

デジタルマーケティング

デジタルマーケティング

中小企業ブランディング

中小企業ブランディング

動画作成サービス

動画作成サービス